債務整理

当事務所の債務整理サービス

取立ては止めます。支払いは一時ストップ。着手金不要、分割払い可

取立ては止めます。支払いは一時ストップ。着手金不要、分割払い可 借金問題解決の方法は「自己破産」だけではありません。
債務整理の方法としては、大きく分けて4つあります。

任意整理

任意整理とは、司法書士などの法律家が債権者と交渉して、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。

サラ金(消費者金融)のように高金利のところから長期間借入れをしている方は借金が大幅に減るだけでなく、さらに払い過ぎたお金(過払い金)を返してもらえる場合があります。



過払い金請求

利息制限法(利率18%)を超えた利息を払っていた場合、本来支払う義務のなかったお金のことをいいます。
過払い金はお客様のお金であり、財産です。完済(取引が終了して)から10年経てば時効になり返還請求が困難になります。急いで、過払い金を取戻しましょう。

長期間、消費者金融からお金を借り続けていた方、借金の返済に長い時間がかかった方このような方はお金が戻ってくる可能性があります。お急ぎご連絡ください。



民事再生

民事再生とは、「任意整理」の手続きでは返済していくことができず、「自己破産」することを避けたい場合に選択される手続きです。

1番の特徴は、住宅(持ち家)を維持しながらその他の借金を整理することができ、「任意整理」との大きな違いは、元本を大幅に減額することができる点にあります。

では、どれほど減額ができるかと言うと、住宅ローンを除く借金の総額の5分の1又は100万円のいずれかの多い額を通常3年間で返済していけば、残りの借金は全て免除されるという手続きです。

例えば2000万円の住宅ローンが残っており、その他に500万円の借金がある場合、住宅ローンはそのまま支払ってさえいければ、その他の借金は100万円まで減額され、これを3年間で、つまり毎月約2万8000円の返済を3年続けることができれば、残りの400万円は免除されることになるのです。



自己破産

自己破産とは、裁判所を通じて借金をなくす手続きです。
自己破産では、免責許可決定が下ると、どんなに債務額が多くても借金から解放されることになります。
自己破産の申立てをして、『申立人は支払不能』と認められると破産手続開始決定がされることになります。

費用

  報酬
任意整理 1社につき 50,000円
過払い金請求 通常 過払い金額の20%
訴訟等による回収の場合 過払い金額の23%
自己破産 同時廃止事件 205,000円
管財人事件 298,000円
民事再生 住宅ローン特約のありの場合 300,000円
住宅ローン特約のなしの場合 250,000円

※上記の他に消費税、実費等がかかります。

債務整理の流れ

1.ご相談(無料)

2.受任

3.方針の確認・決定

方針の確認・決定 受任通知発送後、1ヶ月前後で取引履歴が開示されます。
取引履歴を精査(引き直し計算等)し、残債務額を確認します。
再度相談の上、方針を決定していきます。
メールでのお問い合わせ
まずはお問い合わせください
  • 格安・定額の相続登記サービス
  • 格安・定額の相続放棄サービス
  • 着手金0の債務整理サービス
  • 信頼と実績の交通事故サービス

事務所アクセス

片山司法書士事務所

奈良県奈良市佐紀町2946番地の1
TEL:050-3592-9599

ページの先頭へ